大変長らく沢山のお客様にご愛顧頂きましたが、誠に勝手ながら5月中旬に閉店となりました。
10年余に渡る日頃からの格別のお引き立てに、心から厚く御礼申し上げます。

オリジナル手ぬぐい 注染・プリントの違い

注染・プリントの違い

注染

注染

型を製作し、染料を流し込んで染めます。生地の表裏両面が染まります。

染料を流し込むため、にじみが出やすいですが、にじみを活かしたぼかし・生地の柔らかさといった、手ぬぐいらしさが一番ある染めの技法です。

また、1枚1枚微妙に染まり方が違うので、1枚として同じ手ぬぐいはありません。

職人の手作業で染めるため、大量生産には向きませんが、小ロットでの製作が可能です。

プリント

プリント

型を製作し、生地の片面のみ染めます。染料を浸透させるのではなく、載せる感じになるので、若干手触りが硬めになります。

注染のようなぼかしや、グラデーションはできませんが、にじみもできず、すべて均一に染まります。

機械で染めるので、大量生産が可能ですが、小ロットには向きません。

注染手ぬぐいができるまで


オリジナル 注染手ぬぐい 料金